2011年09月13日

ソフトのAVCHDの動画対応について

現在のOLYMPUS PENに同梱されているソフトにはOLYMPUS Viewer2 とibの2種類があります。これまでE-P3、E-PL3、E-PM1からAVCHD形式の動画もサポートするようになりましたが、これによってソフトのほうも対応が変わりました。特にこれまでOLYMPUS Viewer2をお使いいただいていて、新たにE-P3などのAVCHD対応の機種をご購入いただいた方は、同梱されているCDからインストールしなおすことをおすすめします。詳細は続きをどうぞ。
続きを読む
posted by kassy at 00:30| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

明るさの部分補正(P/A/S/M)

E-PL1以降の機種ではi-AUTOの中に「ライブガイド」機能が搭載され、その中の明るさ調整では明るい部分だけ、暗い部分だけの部分補正可能です。さらにE-PL2以降の機種ではP/A/S/Mでもこの部分補正もできるようになりました。やり方知りたいという方、続きをどうぞ。続きを読む
posted by kassy at 18:06| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

PENでもっと小さい範囲にピントを合わせるには

PENのAFは11点または35点のエリアから選ぶか、拡大枠を表示してAFを合わせるかの2通りがあります。拡大枠でのAF操作は機種が新しくなるごとに使い勝手が向上しています。E-PL1以降の機種ではかなり小さいエリアを選択できるので、ピンポイントでのAFが可能になりました。どんな風に操作するのかを解説していますので続きをどうぞ。
 

続きを読む
posted by kassy at 21:13| Comment(2) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ホワイトバランスについて

ホワイトバランス。色合いを調整する機能としてほとんどのデジタルカメラに搭載されている機能だが、細かく見ていくとさまざまな設定方法や使い方がある。このホワイトバランスについて詳しく知りたいという方は続きをどうぞ。続きを読む
posted by kassy at 10:32| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

便利な顔検出機能

OLMPUS PENシリーズとE-420以降のE-シリーズの一眼レフにはライブビュー時、顔認識の機能が付いています。顔を検出するとピントと明るさを顔にあわせてくれるというとても便利な機能ですが、機種によっては使う際はちょっと注意が必要。顔検出の機能とともに、実際私がどんな使い方をしているかまでご紹介したいと思います。興味のある方は続きをどうぞ。 
 
続きを読む
posted by kassy at 00:14| Comment(1) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

シーンモード活用のすすめ

OLYMPUS PEN やEシリーズの一眼レフ(E-一桁シリーズ以外)にはシーンモードが搭載されています。いつもAUTOしか使っていないと言う方も、P/A/S/Mを使っているのでシーンダイヤルなんてと言う方も、場合によっては便利な事もあります。

今回はシーンモードではカメラが自動でどんなことをしてくれるのか、代表的なものについを書いてみます。興味のある方は続きをどうぞ。
続きを読む
posted by kassy at 11:59| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ムービー撮影 Aモード

ビデオムービーと一眼ムービーとの違いは、レンズ交換が可能ということです。それによってさまざまなレンズ効果をムービーでも楽しむことができます。また、ビデオムービーに比べてかなり大型の撮像センサーを搭載しているので、背景を大きくぼかすことも可能です。レンズの「絞り」の効果を使うことで前後をぼかしたり、逆に奥までピントが合ったように写すことができます。「絞り」の効果をどの程度にするかを選べるのが「A」モードになります。ムービーでもそんな効果を駆使してみたいという方、続きをどうぞ。

続きを読む
posted by kassy at 16:08| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

ムービー撮影 Pモード

PEN・OM-D・E-5にはムービー撮影機能が搭載されています。一眼ムービーは、ビデオカメラやコンパクトデジカメと違い、レンズ交換ができることで、さまざまなレンズ効果で動画を楽しむことができます。そしてオリンパスにしかない動画機能に「アートフィルタームービー」があります。これらの動画機能について使い方や特徴などをご紹介します。まずは簡単に楽しむ「P」モードから。ムービー撮影に興味のある方は続きをどうぞ。続きを読む
posted by kassy at 23:58| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

MFアシスト

OLYMPUS PENには「MFアシスト」というものがあります。オートフォーカスでしかカメラを使ったことがない方も多いと思いますが、マニュアルフォーカス(MF)を使って自分でピントを合わせるのも時には面白いもの。AFが苦手な被写体や暗くてAFが合いにくいときなどにも活用すると便利。
液晶をみながらでもピントが合わせやすいようにアシストしてくれます。是非続きをどうぞ。
 

続きを読む
ラベル:OLYMPUS PEN
posted by kassy at 23:21| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

多重露出 その3 画像合成

多重露出の3回目はカメラ内でRAWデータ同士を合成する方法です。E-30以降のE-シリーズとOLYMPUS PENの全てに搭載されている機能で、後から全く異なる写真を重ねたり、定点で何枚もの写真を合成するにはこの機能になります

RAWデータはそのカメラで撮影したRAWデータ限定になります。前に違うカメラで撮ったRAWを持ってきても合成はできません。
今回は蛍の写真を例に、カメラ内での合成についてご紹介します。
E-30/E-620以外のカメラをお使いの方でもパソコンでレイヤーを重ねられるソフトを使えば似たような合成は可能。今回はフォトショップエレメントを使った蛍の写真の合成で便利な機能も合わせてご紹介させていただきます。
興味のある方は続きをどうぞ。

続きを読む
posted by kassy at 23:50| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

多重露出 その2 再生画+多重

今回は「再生画+多重」についてです。同機種の「RAW」で撮影した写真に重ねて撮影する方法で、例えば以前違う場所で撮影した写真に現在の風景などを重ねる撮り方をご紹介します。全く異なる場面を重ね合わせのに便利な使い方です。想像力を働かせることでさらにクリエイティブな写真を作り出せるかもしれませんよ!ということで詳細は続きをどうぞ続きを読む
posted by kassy at 00:01| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

多重露出 その1 撮影時多重

OLMPUS PEN やE-30とE-620、E-5には「多重露出」機能が搭載されています。ライブビューとの組み合わせての便利な使い方ができます。撮るときに重ねていく方法、前に撮影した写真を呼び出してそれに重ねる方法、画像編集で撮影後の写真を重ねる方法の3通りが可能です。まずは撮るときに重ねていく撮影時の多重露出をご紹介します。続きをどうぞ。
 
続きを読む
posted by kassy at 16:11| Comment(2) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

手ぶれ補正について

オリンパスの手ぶれ補正はImage Stabilization という名称で、メニュー内ではI.S.と表記されています。今回はこのI.S.の各モードや知っておきたいことなどについて解説します。続きをどうぞ。続きを読む
posted by kassy at 20:41| Comment(5) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

ISOブラケット、MFブラケット

今回はISO BKTとMF BKTについて。ISO BKTはE-3、E-30、E-620に搭載の機能、MF BKTはE-500とE-330のみ搭載の機能なので機種限定になるが、どんなものなのかは続きをどうぞ。
 
続きを読む
posted by kassy at 23:50| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

WBブラケット、フラッシュブラケット

露出のブラケット(AE BKT)は良く使う機能だが、その他のブラケット機能はあまり馴染みがないのではと思う。どんな機能なのか、今回はホワイトバランス(WB BKT)、フラッシュ(FL BKT)、次回は感度(ISO BKT)、ピント(MF BKT)に分けてご紹介するので続きをどうぞ。

続きを読む
posted by kassy at 00:50| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

AE ブラケット

ブラケット撮影という撮り方があります。略称では「BKT」と書かれめす。これは段階を変えて撮影する撮り方で、よく使われるのは「露出」(=明るさ)ですが、最近の機種ではホワイトバランス、感度、フラッシュもこのブラケット撮影メニューが用意されています。設定に不安があるときや、後から選べるようにしておく「保険」的な使い方、そして画像合成用まで、目的は様々あります。まず今回は露出のブラケットについてです。続きをどうぞ。
 
続きを読む
ラベル:露出 ブラケット
posted by kassy at 23:10| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

ライブビューでのAFについて(E-システム)

E-410,E-510,E-3とE-420,E-520,E-30,E-5,E-620では一部のレンズ使用時でかつ、ライブビューで撮影する際のオートフォーカスの方法に関する注意点です。これらの機種をお使いの方は是非続きをご覧ください。
 

続きを読む
posted by kassy at 00:56| Comment(6) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

絞りのプレビュー&ライブプレビュー

絞りのF値をかえることで背景のボケ具合が変わってきますが、撮影前に画面やファインダーで見ている状態と、実際に撮影したときの背景のボケ具合が違うな?と思った方もいらっしゃると思います。絞ると光が少なくなるので撮影前の像が暗くなるので、現在のカメラは撮影直前に絞りを指定の絞り値に動かし、撮影前は明るく見えることを優先しているからです。でも、撮る前にどのくらいまでピントが合って、どのくらいボケるのかをみる機能ももちろんあります。マクロや風景など、被写界深度(ボケ具合)を確認したい場合どうすればよいか・・・続きをどうぞ。
続きを読む
posted by kassy at 17:11| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

暗い所だけを明るく:その1〜階調オート

人間の目は明るいところから暗いところまで一度に認識できる範囲が広いのですが、それに比べるとカメラで再現できる明るさの領域はまだまだかなり狭いのが現状です。晴天時のように日差しが強いと陰も強くなり、輝度差が激しくなるので、明るいところに露出(明るさ)をあわせると、暗いところは真っ黒につぶれてしまいます。できればそういう構図を避けるに越したことはないのですが、できるだけ見た目に近づけたい場合の設定が今回のテーマ。続きをどうぞ。 

 
続きを読む
posted by kassy at 00:00| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

低振動モード/セルフタイマ−(夜景撮影に)

夜景撮影などのぶれやすい撮影では、リモートケーブルがあると一番よいのですが、ない場合でもある程度対策ができます。その一つが低振動モード。今回はその他もろもろ夜景撮影などで知っておくと便利な機能や設定などを紹介します。続きをどうぞ。
 

続きを読む
posted by kassy at 21:21| Comment(4) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。