2015年02月08日

E-M5 MarkU

OM-D E-M5 MarkU いろいろな面で大きく進化しました。
E-M5オーナー必見です!
続きをどうぞ。

既にホームページに詳しく載っていますが、主な進化ポイント、
他のOM-Dとの主な機能の比較を一覧にしてみました。
(私の気になるところ中心に書いています)
まずはその一覧を。(クリックで拡大します)
OM-D比較_.JPG



・像面位相差があると、フォーサーズシステムの一眼レフ用のレンズをアダプター経由で使用した際のオートフォーカススピードが速く快適に使えます。(フォーサーズ一眼レフシステムで使用するのと同等の速さ。)

・手ぶれ補正がさらに進化し、ボディー内5軸手ぶれ補正でCIPA規格で最大5段分の補正効果を実現。
しかもムービーでも5軸メカ手ぶれ補正に初めて対応。(電子手ぶれ補正を併用することも可能。メニューで選択)手持ちでの本格ムービー撮影に対応しています。その効果はこちら。すごいです。

・メカシャッター1/8000に。撮影タイムラグも世界最短を謳っています。(条件などは製品webでご確認ください)また新たに電子シャッターを使う静音モードが搭載されました。この場合最速で1/16000のシャッターが切れますが、動きの速い被写体を撮影した場合はローリング歪がでることがあります。

・40Mハイレゾショット
 正直16Mのままでもかなり高精細で十分すぎるほどの画質なので、個人的には特殊用途でかなり大きく伸ばす場合などに使用するモードととらえています。0.5ピクセル単位でイメージセンサーを動かしながら8回撮影した画像を元に40M相当の高解像写真を生成。三脚使用必須、動きのある被写体には向かないなど、制約はありますが、ポスターのように大きく伸ばすのであれば使ってみてもいいかも・・・

・バリアングルモニター・・・2軸で動くので縦位置での撮影のときに便利。横位置の際は横に開くので光軸がずれるので一長一短はありますが、縦での撮影には断然便利です。

・LVブースト2・・・先日LVブーストの進化の記事を書きましたが、さらにすごくなったようで星の撮影に是非使ってほしい機能です。明るいレンズでなくてもピントあわせが簡単にできそうで期待しています。初期設定でBULB/TIMEでは自動的に適用されるようで、そのほかMモードやLivecompなど、個別に設定ができるようになっているのも便利。従来のLVブースト、LVブースト2、OFFが選択可能です。
(LVブーストは暗いところでとにかく画面を明るく表示する機能なので、露出補正の結果などは反映されません。モードごとに設定できるので、戻し忘れでの失敗も減るのではと思います)

そのほか
・Fnボタン カスタム可能なファンクションボタンが6つもあるのでかなり自由なカスタマイズができます。

・レバー E-P5、E-M1にも搭載されているレバー。切り替え操作がより硬くなり、知らない間に動きにくくなっていました。

・メニューの保持機能 これまでメニューから一旦出ると初期位置からの操作をしなおす必要がありましたが、最後の操作位置から戻れるという選択がメニューでできるようになりました。

・同梱フラッシュ・・・FL-LM3 こちらも新しくなり、バウンス撮影(上方向90度、左右方向180度)が可能なガイドナンバー9.1(ISO100・m)の防塵・防滴仕様です。E−M5MarkU専用になります。(今回アクセサリーポートでは無く、フラッシュの接点が1つ追加され、そこから電源を供給しています。そのため専用となります。)

・外部大型ストロボ用のX接点も追加されています

・低消費電力撮影モードで約750枚撮影可能に

・ライブビュー中の操作初期設定がスーパーコンパネに(他の機種は逆L字のライブコントロールでした)


アクセサリーで面白いのは
・ドットサイト照準器EE-1: コンパクトデジカメSP-100EEのような、野鳥撮影に最適な照準器。防塵ではありませんが防滴性能を有しています。

・金属製外付けグリップ ECG-2 
 アルカスイスまたはその互換雲台に直接装着できるグリップ。横位置・縦位置とも装着対応しています。

・カメラグリップ HLD-8G E-M5の時にはHLD-6としてバッテリーホルダーとセット販売のみでしたが、今回E-M5でHLD-6をお持ちの方はバッテリーホルダーは共用可能なので、HLD-8Gのみlぴ入荷能になりました。

と、まだまだたくさん機能盛りだくさんですが、時機、OLYMPUS Liveの徹底解剖シリーズでご紹介できるかと・・・

よろしかったら今回も右上のアンケートにご協力ください!



posted by kassy at 01:03| Comment(4) | 機種限定・機種比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発表当日に予約しました♪
縦位置多用の花撮り屋には待望のバリアングルモニター搭載。
シャッター速度1/8000。
シルバー同時発売。
届くのが楽しみです(^^)
Posted by るき at 2015年02月08日 08:25
るきさん、早速のご予約ありがとうございます!
待望のバリアングルモニターですよね。明るいレンズを開放でつかえる1/8000もうれしいところです。やはりシルバーですかね。
Posted by kassy at 2015年02月09日 02:09
もちろん今回もシルバーですよ〜。
到着翌日はコンサートを聴きに大阪に行ったので、初撮りは大阪駅で少々程度。
きのう縮景園に持って行きました。
使い込むほどに楽しめる機種という感じです♪
Posted by るき at 2015年03月01日 10:13
るきさん、シルバーありがとうございます!
さっそくお使い頂いているようですね。細かいところで色々進化しているのでそれを探すのも楽しいかもしれません。使い込むほどにいいカメラだと感じますね。
Posted by kassy at 2015年03月01日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。