2015年01月06日

LVブーストは進化した!

前にも記事にした事のあるLVブースト。かなり前から搭載されている機能ですが、当時は星の撮影にまでは及びませんでしたが、改めて使ってみるとかなり技術は進化していたようです。
続きを
前の記事の繰り返しにはなりますが、通常の撮影時、液晶画面は、現在のカメラの設定で撮影される明るさに近づけて表示してくれます。ですのである程度液晶の明るさを頼りに露出補正ができ、補正するとそれに応じて画面の明るさも変わります。

それに対して暗いところ、夜の撮影や最近撮影する人も増えた星景写真などでは構図やピント確認のためにできるだけ明るく見せてほしい場合があります。

そんなときに便利なのがLVブースト機能。これをONにすることで、通常だと真っ黒にしか写らないような暗い場所でもかなり増幅して明るく見せてくれます。

最近の機種ではかなり性能も良くなり、E-M1やE-M10で試したところ、月明かりのある夜であればあまり明るくない標準レンズでも山並も見え、構図の確認もできました。液晶の明るさも明るくすることで、さらによく見えました。これを使えば今まで難しかったレンズキットの標準ズームレンズでも拡大ピントあわせが可能でした。

星の撮影にも使えるレベルまで進化していました。
※E-M1 ver2.0、E-M10、E-PL7のLIVE TIME/LIVE BULB/LIVE COMPで使用すると他のモードよりもさらによく見えます。色の再現性や明るさに違いがありました。(ちなみにLIVE TIMEなどは露出モードM でシャッター速度を遅くし60"の次に出てきます)
※だいとしぃさん、ありがとうございました。

設定方法は以下の通りです。※戻し忘れに注意しましょう。

メニュー→ギア
dmf150105-001.JPG


ギアD 表示/音/接続
dmf150105-002.JPG


ずっと下を押し次のページへ
dmf150105-003.JPG

LVブースト ONにします
dmf150105-004.JPG


dmf150105-005.JPG

※戻すのを忘れていると、通常撮影時、露出補正しても液晶画面に反映されませんのでご注意を!

ちなみに前に書いた記事はこちらです。

今回も右のアンケートにご協力を!
posted by kassy at 00:40| Comment(4) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
E-M1(Ver2)/E-M10/E-PL7だと、LVブーストonで、シャッター速度をBULB/TIME/Live Compにすると、星空がさらに明るく見やすくなりますね。
私はマイモードに、星空用の設定を入れてます(^^)/

Posted by だいとしぃ at 2015年01月06日 21:11
だいとしぃさん、早速ありがとうございます。
確かにbulb/time/livecompでは明らかに違いますね。色の再現性も良いようですね。追記しておきます!マイモードも進化していますので改定記事を書こうかと・・・
ありがとうございました!
Posted by kassy at 2015年01月06日 22:56
明けましておめでとうございます。
更新があって、安心しました。
Posted by UZOU at 2015年01月16日 22:54
UZOUさん、ありがとうございます。なかなか更新出来ずご心配おかけしました。
Posted by Kassy at 2015年01月17日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。