2014年07月01日

Artな花火撮影に挑戦!

普通に撮影するのに飽きたらこんな撮り方も面白いかも知れません。今年はちょっと変わった撮り方をしてみたいというかた、続きをどうぞ。
なーんだと思う方もいらっしゃれば、なんだ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。まずは写真から。
普通の撮り方はこちらから

P8015752.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5  

P8015705.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5  


P8110098.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

これらの写真は撮影中(露光中=シャッターが開いている間に)にピントをずらしています。
MF(マニュアルフォーカス)モードでピントを合わせておいて、花火が開いていくタイミングでピントをずらしてぼかしていくとこのように外側がピンボケになって広がります。

ピントをずらすのはレンズ先端にあるフォーカスリングを回します。花火は遠くにピントを合わせるのでぼかすには近くにピントが合う方向なので、矢印の方向に回します。
focus.jpg


そんな撮り方で撮影した写真をもう少々。
P8040309082.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

ぼかすと言う意味ではぼかしやすいのは望遠レンズ(mm数が大きいレンズ)や明るいレンズ(F値=1:○.○の数値が小さいレンズ)だとぼけも大きくなるので効果も大きくなります。

P8040200022.JPG

E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

ただ、明るいレンズでF値を小さくして撮ると、すぐに光があふれて露出オーバー(白っぽい写真)になってしまうので、NDフィルターをレンズの前に装着します。ND8くらいか、場合によってはもう少しNDフィルターを重ねるか、絞るか。あまりシャッターを長く開けすぎず、1発の花火狙いがオススメです。

P8030044.JPG

E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

フォーカスリングをどのタイミングで回すかで仕上がりも変わりますし、回すスピードでも変わります。
P8040218034.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


こちらは開くとほぼ同時に素早く回しているのですぐに膨らんだ感じになっています。


P8110030.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


P8110029.jpg
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

次々にいろいろな花火が上がるので、結構いい運動になります。

P8040287066.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

P8040257046.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8



遠くからの撮影の場合は望遠レンズが活躍しますが、結構近くでも一部を切り取るかたちで面白いです。

P8030186.JPG
E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 150mm


P8030179.JPG
E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 150mm




逆にはじめ大きくピンボケの状態から、花火が広くタイミングでピントを合わせるとこんな写真になります。フォーカスリングの回す方向も逆になります。(あらかじめずらしたものを戻します)

P8050475.JPG
E-5 ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0SWD


ちょっとしたタイミングで先端がどうなるかも変わります。早いとこんな感じに。
P8030031.JPG
E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8



オリンパスのレンズのフォーカスリングはほとんどが電子式なので、ピントが合ったところでとまるわけではないので行き過ぎるとまた若干ピントがずれます。先端がやや太くなっているのがわかりますでしょうか。
P8050464.jpg
E-5 ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0SWD

この撮り方だと花火だかなんだかわからなくなるので好みも分かれるところかと
P8040259048.jpg
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

P7175431.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5  

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次は露光間ズームでの撮影です。露光中に今度はズームリングを回します。
P8015786.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5  

P8055911.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F4.0-5.6 

先ほどの露光中ピントずらしを併用すると・・・
P8090005.jpg

E-P3 M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 150mm

もちろん、ズームリングとフォーカスリングを両方回すので両手が必要です・・・
P8090006.jpg



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、ではこちらの写真はどんな撮り方をしているでしょう・・・
P8015603.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 

こちらは露光中に三脚を動かしています。3ウェイ方式の三脚で、カメラを横位置から縦位置に動かす方向に回しています。なんとなく「火の鳥」のようなイメージで仕上がりました。

こちらは孔雀に見えませんでしょうか・・・
P8015601.jpg
E-620 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 

アヒルっぽい・・・?
P8110065.JPG
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

普通に撮った後、三脚で下に向けると・・・
P9057678.JPG

E-620 ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 

手持ちで動かしても面白かったり・・・
P8015728.JPG

E-620 ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F4.0-5.6

火の玉のような・・・
P8090021.JPG

E-620 ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 

ピントずらしとの併用  おたまじゃくしのような・・・
P9057653.JPG

E-620 ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 

P9057658.JPG
E-620 ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 

P8110163.jpg

E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

−−−−−−−−−−−−−−−−
もちろんアートフィルターも面白いです

通常撮影
P8110206.jpg

E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

P8110212.jpg
ポップアート+ソフトフォーカス効果

P8110208.jpg
ドラマチックトーン
※全てPCにて後日RAW現像しています。

ということで長くなりましたが、良かったらアンケートにご協力ください。


今回もアンケートにご協力ください


posted by kassy at 00:48| 撮影実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析