2012年05月02日

OM-D 画質向上について

OM-Dの画質はこれまでの機種から大きく進化しています。画質という点では写真を見るのが一番でしょうが、どんな点で画質がよくなったのか解説もしてみようと思います。続きをどうぞ。

旧機種との撮り比べなどがわかりやすいのかもしれませんが、その手の比較はカメラ雑誌などによく載っていると思いますので何がよくなってどんなメリットがあるのかを私が感じているところを中心に書いてみたいと思います。

1.解像力のアップ
画素数が1230万画素から1605万画素にアップしましたが、その数字以上に解像力はアップした感があります。CP+やフォトフェスタでは他社のフルサイズ機と比較したものを大きくパネルで展示していましたが、その写真ではOM-Dの写真が一番解像感がありました。そのときのレンズはお求め易い価格で写りに定評のある45mmF1.8のレンズでした。このM.ZUIKO DIGITAL レンズの性能と、その素晴らしさで定評のある画像処理エンジンTruePic6と最新のイメージセンサーの性能が高い次元で融合し、これまでにない高精細な画質を実現しています。E-5や第3世代のPENにも使われているファインディテール処理ももちろん搭載されています。

リサイズしていない画像をサンプルとして置きますのでご確認ください。(クリックで拡大)
P4261384.JPG

2.高感度画質の向上
最高感度が25600までアップしましたが、高感度での実用範囲も大きく広がりました。高感度ノイズをどこまで許容できるかは、人それぞれ異なるでしょうし、被写体によっても変わってくるかと思いますが、従来と比べても少なくとも1段以上(1段=ISO感度の数値が2倍:例えば従来の許容高感度が1600であれば、3200以上)は向上しています。

ご存知の方も多いと思いますが、高感度ノイズを減らすにはノイズ除去処理を行いますが、副作用として解像感がなくなるということがあります。(オリンパスのカメラではギヤ(歯車)メニュー内のノイズフィルター OFF/弱/強の3種類から設定可能)今回のOM-Dでは高感度と解像感を両立していて高感度ノイズを除去しながら高い解像感を保持しています。

最近星空をよく撮影しているのですが、ISO感度を高くするほどたくさんの星を写すことができます。先日もう一つのBlogにもアップしましたが、ISO3200とF2の明るいレンズでたくさんの星を写すことができました。高感度の画質向上と開放からシャープに写るZUIKOレンズならではです。
こちらもリサイズしていない写真です。北の空。南阿蘇での写真。山は根子岳。
(クリックで拡大)
P4155911.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2.0
マニュアル F2.5 10秒 ISO3200 

高感度が常用で使えるメリットとして、まずはシャッター速度が稼げるということが挙げられます。高速シャッターで動きを止めたい場合躊躇なく感度を上げられますし、暗くて被写体ぶれしそうな場合も感度を上げることでシャッター速度を上げることができ、被写体ぶれを防ぐことができます。

また、手持ち撮影の領域も広がります。特にシャッター速度換算で最大5段分の効果を持つ5軸式手ぶれ補正とあいまって、高感度を併用すると手持ちで夜景が撮れたりと、従来三脚が無いと撮れなかった被写体まで手持ちで撮れることもあるでしょう。

感度を上げることで必要に応じて絞りを絞ることも可能になります。

3.ダイナミックレンジの向上
ダイナミックレンジとは暗い領域から明るい領域にかけてどこまで再現できるか、いわゆる白飛び(白の微妙な明るさの違いが再現できない。ベタッと白で塗りつぶしたようにしか表現できなくなります)限界点から黒つぶれの限界点までの幅のことです。人間の目と比べるとまだまだですが、イメージセンサーが一回り大きいAPS−Cフォーマットと比べても同等以上のダイナミックレンジを実現しています。従来に比べ、しっかり階調をもって再現できる幅が広がりました。

周辺部まできれいに写るのは従来と同じですので、どんな場面でもこれまで以上の高画質で撮影をすることが可能です。

これだけ小型・軽量でありながら驚きの高画質を実現するOM−D。これにフォーサーズのHG・SHGのレンズをつけるとどんな素晴らしい写りになるのか楽しみですよね。

お時間のある方はこちら(Ustream OLYMPUS LIVE)で詳しく解説していますので動画でも是非ご覧ください。


今回も是非アンケートにご協力お願いします!



ご質問や返信が必要なコメントはこの記事のコメント欄にお願いします!
posted by kassy at 23:57| Comment(2) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
OM−Dを使い始めて半年くらいになりますが、青空の色が気に入らないのです。
i-finishの設定が問題なのか?他の設定でも・・・。
E−30の方が色合いは好みなんです。
Posted by UZOU at 2012年11月06日 21:05
UZOUさん、コメントありがとうございます。
確かにカメラによって多少個性というか
色合いの違いはあると思います。
もちろん同じメーカーであれば同じ仕上がりが
望ましいのでしょうが、いろいろあるようで・・・
Posted by kassy at 2012年11月07日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。