2011年03月06日

明るさの部分補正(P/A/S/M)

E-PL1以降の機種ではi-AUTOの中に「ライブガイド」機能が搭載され、その中の明るさ調整では明るい部分だけ、暗い部分だけの部分補正可能です。さらにE-PL2以降の機種ではP/A/S/Mでもこの部分補正もできるようになりました。やり方知りたいという方、続きをどうぞ。
操作は簡単なのですが、取扱説明書をしっかり読んでいないと気が付かない機能です。まずは露出補正ボタン(十字ボタンの上)を押します。
E-PL2_BK back01.jpg

参考までにですが、普通に全体の明るさを変えるには十字ボタンの左右を押します。右が明るさをプラス、左がマイナス。補正なしの状態がこの状態だとすると・・・
2011030601.jpg

全体を+1.0EV明るくすると・・・
2011030602.jpg

-1.0EVなら・・・
2011030603.jpg

というように全体の明るさが変わりますが、
十字ボタンの上を押した後、「INFO」ボタンを押すと

E-PL2_BK back_INFO.jpg

このようにトーンカーブのグラフアイコンと、その下に数字が表示されます。
2011030614.jpg


2011030613.jpg

この状態で十字ボタンの「右」を押すと「暗い部分」の明るさが「明るく」
最大で7段階調整が可能。
2011030604.jpg

逆に左を押すと暗い部分をさらに暗く。グラフもトーン補正をした状態になります。
2011030606.jpg

明るい部分の部分補正はもう一度「INFO」ボタンを押します。そうすると数字はグラフの上に移動。
2011030608.jpg

十字ボタンの右で明るい部分をさらに明るく。
2011030607.jpg

逆に明るい部分を暗くすると
2011030609.jpg

これらを組み合わせてみると
暗い部分を明るくして明るい部分を暗くするとコントラストは弱くなり
2011030610.jpg

逆に明るい部分を寄り明るく、暗い部分をより暗くすると
コントラストは強くなります。
2011030611.jpg

グラフの下が暗部補正、グラフの上が明部補正の数字。

RAWで撮影しておいてパソコンでトーンカーブを使えばよいわけですが、
パソコンでの編集が苦手な方や、撮るときに設定しておいて編集の手間を
省きたい方などにもおすすめ。

今回も是非アンケートにご協力を!

posted by kassy at 18:06| Comment(0) | 撮影機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
QLOOKアクセス解析