2009年12月05日

RAW現像の一例 その2オリンパスマスター2編

前回はOLYMPUS Viewer2での紹介でしたが、同じ内容をオリンパスマスター2でもやってみます。もちろんOLYMPUS Viewer2方がスマートに、画像劣化も少なく行えるが、オリンパスマスター2でもRAW現像と画像編集で仕上げることは可能だ。やっている内容は同じだが、マスター2の操作も見てみたい方は続きをどうぞ。
 
 
日陰の紅葉。ちょっと眠い感じなのでこれをRAW現像で仕上げてみます。
現像する写真をクリックし、「RAW現像」のアイコンをクリック。
2009120501.jpg

日陰でちょっと青みが強いのでホワイトバランスを調整。
ホワイトバランスオートで撮影しておくと、「カスタム色温度設定」を
選ぶことでカメラが選んだ色温度を確認することができます。
マスター2のRAW現像画面には2画面表示はありません。
カスタム設定を開くと
2009120502.jpg


オートで選択された色温度が数字でみれます。オートでは5300k+1stepでしたが2009120512.jpg

日陰の青みをちょっと取りたかったので5750kにあげてみました。
この辺は画面を見ながらなので、場合によってはもう少し大きい数字になる場合もあると思います。
2009120503.jpg

少し鮮やかに見せたいので仕上がりをNaturalからVIVIDに変更。
2009120504.jpg

マスター2の場合は一旦ここで現像処理をする必要があります。
画質最優先であれば、選択肢として「TIFF」の中に16bitTIFFも選択できますが、ファイルサイズが極端に大きくなるのでPCの性能によっては次の「編集」処理にとても時間がかかります。かといってJPEGでの保存は編集の際にJPEGの再圧縮をすることになるのでここでは「Exif-TIFF」を選択。
2009120505.jpg

一時フォルダーのようなものを作って保存しておくとよいかもしれない。一旦保存したファイルを選択し、「編集」アイコンをクリック。
2009120506.jpg

編集メニューの「トーンカーブ」をクリック。コントラストをつけます。2009120513.jpg

全体的に白っぽく霞んでいる感じするので、シャドウ部(画面の暗い部分)をより暗くしました。かなり絞まった感じですが、全体的に暗い感じがする。編集画面では元画像と編集後の2画面になる。右下のアイコンで1画面に拡大も可能。
2009120507.jpg

シャドウ部以外は元の明るさに戻すことで、明るさが戻りました。よりコントラストをつけるのであれば、いわゆるS字カーブにして、明るい部分をより明るくするわけですが、この場合はこれで十分。立体感が出てきた。やりすぎは禁物。

お気づきだと思いますが、コントラストをつけると色がぐっと出てきます。鮮やかにするには「彩度」を上げるというやり方もありますが、彩度を上げすぎると「色飽和」といってベタっとした色で色つぶれしやすくなります。コントラストで物足りなければ彩度を調整するという順番がよいと思います。
調整が終わったら右下の適用をクリック。
2009120508.jpg

マスター2にはアンシャープマスクの機能がないので「シャープネス・ぼかし」を使用。
2009120509.jpg

左下にある1:1表示に切り替え、拡大した状態で効き具合をチェックしながら数値を決めます。決まったら適用ボタンをクリックし完了。
2009120510.jpg

保存するファイル形式を選んで保存する。
Exif-Jpeg:画像データと撮影情報データを一緒に保存。
Jpeg:画像データのみ保存。撮影データは無くなります。
Exif-Tiff:画像データと撮影情報データを一緒に保存する。非圧縮形式。
Tiff:画像データのみ保存。撮影データは無くなります。非圧縮形式。
Bitmap:Windows標準の画像ファイル形式だがあまり使わないです。

Jpegで保存する際は圧縮率も選択します。迷わず「高画質」を選びましょう。
2009120511.jpg

というように、マスター2でも機能は少なくなるものの、RAW現像と編集をすることである程度仕上げることは可能。


ということで、ということで、今回もアンケートにご協力を!

posted by kassy at 23:58| Comment(0) | ソフトウェア/画像編集/RAW現像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
QLOOKアクセス解析